FC2ブログ

フランス焼き菓子 ガレット・デ・ロワ

ガレット・デ・ロワ1

フランスでは、年が明けるとともに、ケーキ屋やパン屋の店頭は、“ガレット・デ・ロワ”で埋め尽くされるそうです。
元々は、1月6日の公現節をお祝いして食べていたもので、ホールを家族で切り分けながら食べる。
・・・などということを私が知っているはずもなく、馴染みのパン屋さんに、その様な説明書きがありました。

ガレット・デ・ロワ2

サクサクのパイ生地のなかにコクのあるアーモンドクリームがお決まりの焼き菓子。こちらには栗も入っていました。
ちなみに使用のケーキ皿はローゼンタール(1920年頃製)。


自分といえば昨日今日と、吉野家で食べて、喫茶店で読書、、、の繰り返し。
正月らしいことは何一つやっていません。
それでも、いつもと違う空気感はとても心地よいですね♪


『ちるんはうす』ヤフーショッピング店
スポンサーサイト



プロフィール

ちるんはうす

Author:ちるんはうす
『ちるんはうす』
  店主 八木淳一郎

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR