FC2ブログ

コールポート 緑地金彩花束絵 カップ&ソーサー&プレート アンティーク

昨日で終わったGWの10連休。

今年4月に新入社員となった方には、少々気の毒な気がします。
入社して一ケ月。仕事や会社の人間関係に少しずつ慣れてきた頃。
10日も休むと、それもリセットされ、学生の頃が懐かしいな~などと、色々考えがち。

皆さま、くれぐれも五月病に負けないでください!


----------------✂----------------------------✂-----------------


コールポート グリーン地金彩花束絵 トリオセット
co069-1.jpg

色地の輪郭が、コウモリの翼を広げた姿に似ていることから、“バットウイング”と呼ばれ親しまれているシリーズ。


co069-12.jpg

映画「人間椅子(1997年)」で主演の清水美沙が、同パターンのデミタスカップでコーヒーを飲んでいるシーンがありました♪


『ちるんはうす』ヤフーショッピング店
スポンサーサイト



テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

コールポート 藍縁金彩花束絵 カップ&ソーサー アンティーク

投資の格言に“麦わら帽子は冬に買え”というのがあるそうです。
「冬は麦わら帽子を買う人が少ないので低価格で手に入る」。なるほど

・・・という訳で、ファッション通販で、早過ぎる先取りをして夏服を買いました。
もちろん5割引きや7割引きのセール品を。

せっかく安いのだからと、普段は見向きもしないジャケットやスラックスに手を出しました。

商品が届き、注意書きを見てハッと気付いたのが、水洗い不可なこと。手洗いでさえもNGで。
使われているレーヨンという素材は水に濡れると縮むらしくて・・・。

汗を大量にかく夏に洗濯できないとは、、、ショック
チノパンにポロシャツが、ガシガシ洗えて、私には丁度いいです。


----------------✂----------------------------✂-----------------


さて、コールポート 藍縁金彩花束絵カップ&ソーサー

co079-2.jpg

造られたのは1810年代頃。
19世紀前半は、英国磁器において、豪華絢爛で個性のある意匠が多い、魅力たっぷりの時代。


co079-1.jpg

co079-8.jpg

緻密で煌びやか。
200年昔の重厚な雰囲気が漂ってきます♪


『ちるんはうす』ヤフーショッピング店

コールポート コバルト金盛り古城風景絵 プレート アンティーク 飾り皿

コールポート コバルト金盛り古城風景絵プレート
co024-1.jpg

豪華絢爛な装飾ながらも、派手というよりは、真面目で重厚な雰囲気。
そこはコールポートらしさ。


co024-6.jpg

自然風景絵のモチーフは、スコットランドに実在する場所で、奥の山上に霞んで見えるのがHawthornden Castle(ホーソーンデン城)。
ペインター“E.O.BALL”のサイン入り♪


co024-10.jpg

艶やかな藍(orコバルト)地と、豪勢なレリーフ金彩。
藍色は日本と同様に、ヨーロッパでも格調高い色とされ、高級品に使われることの多い色です。
レリーフ金彩は、凸面による複雑な煌びやかさが、フラットにはない奥深さ。

アンティーク溢れる美品です!
(1891~1920年頃製)

テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

コールポート 金彩竹雀絵 カップ&ソーサー アンティーク

コールポート 金彩竹雀絵 ティーカップ&ソーサー
co068-2.jpg

co068-7.jpg

1862年のロンドン万国博覧会以来広まった、ジャポニスム(日本趣味)の影響を受けた絵柄で、同窯を代表する意匠の“竹に雀”。

藍染付け面に切り抜きのような金装飾で、重厚且つ上質感のある色彩。


co068-1.jpg

デミタスカップに多く使われたパターンですが、本品はティーカップのサイズ。

大きければ良いという訳ではありませんが、贅沢に塗られたゴールドは豪華絢爛です。
(1920〜26年頃製)


『ちるんはうす』ヤフーショッピング店

コールポート 金彩レリーフ網目文 カップ&ソーサー アンティーク

コールポートは、レベルの高い様々な意匠のデミタスカップを造りましたが、本品も変わり種としてその一つ。

コールポート 金彩レリーフ網目文様 デミタスカップ&ソーサー
co063-1.jpg

煌めき浮き上がる網目柄。

網目は、陶器に見られる貫入や、氷などの罅割れをイメージさせます。


co063-8.jpg

co063-11.jpg

とても躍動感のあるライン♪
      &
不規則な陰影美♪


co063-13.jpg

ピンクが軽快で可愛らしい印象に♪

コレクターズアイテムです。
(1891〜1920年頃製)


『ちるんはうす』ヤフーショッピング店

コールポート 藍地金彩花束絵 バットウイング カップ&ソーサー アンティーク

コールポート 藍地金彩花束絵 デミタスカップ&ソーサー
co061-1.jpg

色地の輪郭が、コウモリの翼を広げた姿に似ていることから、“バットウイング”と呼ばれ親しまれている意匠。
英国でブームを起こした、コールポートを代表するシリーズです。


コウモリ
↑↑↑ 確かにコウモリが見えます。。。


co061-5.jpg

  煌びやかな金装飾♪
      &
  格調高い藍地♪
      &
  彩り華やかな花束絵♪
      &
  美しいフォルム♪


co061-10.jpg

ロココ調の、優美で洗練されたデザイン。
上質な雰囲気♪
(1891〜1920年頃製)


『ちるんはうす』ヤフーショッピング店

テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

コールポート 金彩花束絵 ティーカップ&ソーサー

すっかり日が長くなりましたね。

福岡だと夕方7時でも、視界十分な明るさ♪

一日が長く感じられます。


----------------✂----------------------------✂-----------------


コールポート 金彩花束絵ティーカップ&ソーサー
co059-1.jpg

co059-6.jpg

戦後間もなく製造のヴィンテージ品。
本品は、1900年頃の華やかさを引き継いでいます。

レリーフが施された器に、オールドイングリッシュハンドルが付いた、端正なフォルム。


co059-9.jpg

存在感をだしているのがブルーのエナメル盛り。気品と爽快な雰囲気♪

擬人化すると、清潔感のあるカップ・・・ん?


『ちるんはうす』ヤフーショッピング店

テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

コールポート藍地金彩花束絵 ティー&コーヒーカップ&ソーサー アンティーク

GWが近付いてきましたね。楽しみにされている方も多いのでは♪

私自身は、特に日常と変わらず、予定も何もないのですが、何故だか高揚感はあります。・・・正月と同じ感覚???


コールポート藍地金彩花束絵トリオ
co051-1.jpg

エンパイアシェイプの美品!

カップの側面が樽のように膨らんでいるのと、ハンドルが上に付いているのが特徴。


co051-16.jpg

19世紀前半のコールポートは、緻密且つ豪華絢爛な装飾をした逸品を多く手掛けていた、一つの充実期です!

本品は、藍地と金彩による重厚さのなかに、ビビッドな花色。

200年前の、格調高くメリハリのある意匠がステキです♪
(1810年代後半頃製)


『ちるんはうす』ヤフーショッピング店

テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

コールポート ピンク地金盛り カップ&ソーサー アンティーク

先日、4年間愛用していたスマートフォンが、充電してくれなくなったので、やむを得ず機種変更しました。
今回は、せっかくの美しいフォルムを生かす為に、保護ケースには入れず、画面保護フィルムも貼っていません。
さて、2~3年後はどんな姿になっているでしょう。やはり傷だらけでしょうか、、、。


コールポート ピンク地金盛り文様デミタスカップ&ソーサー
co042-1.jpg

co042-8.jpg

ピンクとゴールドの相性はとても良いようで、華麗のなかにも可愛らしさが。

デミタスカップには、晩餐最後の見せ場として、豪華絢爛なデザインのものが多くみられます。


『ちるんはうす』ヤフーショッピング店

テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

千寿せんべい

先日、8年ぶりに会うことができた京都の友人からのお土産『千寿せんべい』
co018-8.jpg
“せんべい”と名が付くので和菓子と思いきや、洋菓子・クッキーでした。
説明を読むと、戦前から作られていたそうで、当時はクッキーも含めて“せんべい”と読んでいたのでしょうか。
2枚の波形クッキー生地でクリームを挟み、味は勿論のこと食感も楽しめる・・・要するにとても美味しかったです。
コーヒー好きの私には最高のお供。

ちなみに菓子入れに使っている器はコールポート(1891~1920年製)です。
co018-7-1.jpg

  『ちるんはうす』ヤフーショッピング店

テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

プロフィール

ちるんはうす

Author:ちるんはうす
『ちるんはうす』
  店主 八木淳一郎

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR