FC2ブログ

マイセン 朱金オニオン トリオ( カップ&ソーサー&プレート) アンティーク

10月。。。
何気なく人間観察をしていると、ブラウンモスグリーンなど深みのある暖かな色味をした服装が、街の雰囲気にフィットしていてお洒落だなぁと。

いわゆるオータムカラー

一日違いなのに、9月と10月の境目を実感。

・・・などと言いつつ、私は年中もっぱらネイビー



----------------✂----------------------------✂-----------------

マイセン 朱金オニオン モカ(デミタス)トリオ
mi033-2.jpg

マイセンの代表絵柄「オニオン・パターン」に、朱と金をいれて豪華絢爛にしたもの。「朱金オニオン」や「リッチオニオン」と呼ばれています。

オニオン・パターンの歴史は大変古く、1739年に同窯が東洋磁器のような藍染付に成功したのと同時に創案。
意外にも、暫くは鳴かず飛ばずの状態だったのですが、かなり後の1860年代頃から産業革命などで富を得た中流階級層の支持を得て突如脚光を浴びることとなります。


mi033-15.jpg

オニオンと呼んでいますが、元々は中国磁器に描かれていたザクロや桃が原形で、意匠を写しているうちに、ドイツ人の好きな玉ねぎのような柄になったと言われています。
(1888~1924年頃製)


『ちるんはうす』ヤフーショッピング店
スポンサーサイト



テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

マイセン 藍地金彩花束虫絵 カップ&ソーサー アンティーク

マイセン 藍地金彩花束虫絵カップ&ソーサー
mi028-1.jpg

mi028-2.jpg

気高いまでに深い青!

高級なイメージのあるマイセンのなかでも、特に上等品に装飾されています。
艶があり斑の無い質感は、高度な技術を持っていた同窯ならでは。

またポンパドール夫人でお馴染みのセーヴルでは“王者の青(ファットブルー)”と呼ばれ、ヨーロッパではとても格調高い色彩です。


mi028-7-1.jpg

本品は、白抜きの窓に、様式化されたドイツに咲く花々が華やかに。

魅了する存在感を醸しだしています♪
(1880年頃製)


『ちるんはうす』ヤフーショッピング店

テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

マイセン 柿右衛門写し 麒麟と鶴 プレート 飾り皿

マイセン設立間もない1725年頃より、“偉大なるマンネリ” と呼ばれながら、今なお造られている「柿右衛門写し」。

マイセン 柿右衛門写し 麒麟と鶴 プレート
mi040-1.jpg

元々はマイセンを設立したザクセンのアウグスト強王が、内外へ自窯の技術力をアピールする為に、自ら蒐集していた柿右衛門を模倣させたのが始まりです。


イメージ2

麒麟と鶴。想像上の動物である麒麟(獅子の説も)と、松喰い鶴。
何を描いているのかよりも、絵そのものを写しているうちに、いびつにマスコット化されたような姿となりました。

でも、可愛いですね♪


mi040-7.jpg

発色が鮮やかで、彩り豊か。
白磁肌も美しく♪


『ちるんはうす』ヤフーショッピング店

テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

マイセン 朱金オニオン トリオ (カップ&ソーサー&プレート)

マイセンを代表する文様「オニオン・パターン」。
歴史は古く、1739年に同窯が東洋磁器のような藍染付の再現に成功したのと同時に創案されました。
元々は中国磁器に描かれていたザクロや桃が原形で、意匠を写しているうちに、解釈不足などもあってドイツ人の好きな玉ねぎのような姿になってしまったとのことです。
オニオン・パターンは暫く鳴かず飛ばずの状態だったのですが、1860年代頃から産業革命などで富を得た中流階級層からの熱狂的な支持を得て突如脚光を浴びることとなります。このブームに多くの他窯も便乗して模倣を始めました。それは現在にも続いているのですが、マイセンのみ今なお転写ではなく手描きに拘っています。

“マイセン 色絵金彩オニオン トリオセット”
mi032-1.jpg
こちらは、ブルーオニオンに朱と金をいれて豪華にしたもの。「朱金オニオン」や「リッチオニオン」と呼ばれています。

  『ちるんはうす』ヤフーショッピング店

テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

マイセン Bフォーム モカ カップ&ソーサー

近頃、入手がとても困難になったマイセンのBフォーム。
日本だけではなく、世界的に人気上昇のようです。

“マイセン Bフォーム モカ カップ&ソーサー”

mi036-1.jpg

極めて豪華絢爛な意匠。煌びやかなレリーフ金彩と、上質な光沢を放つコバルト。
光沢の有る金と無い金を使い分けて、単調ではない気品ある奥行き感を醸しだしています。

mi036-8.jpg

光沢のある金は「グランツゴールド」と呼ばれ、マイセンが1827年に発明した焼成中に輝きを放つ特殊な技法です。

この溢れ出る存在感は見事です。

  『ちるんはうす』ヤフーショッピング店

テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

マイセン Bフォーム グランツゴールド カップ&ソーサー

“マイセン Bフォーム モカ(デミタス)カップ&ソーサー 一級品 ”

mi024-1.jpg
「ゴージャス」の言葉の響きがとても似合うマイセンのBフォーム。
複雑に凹凸のある形状、艶の有るコバルト、光沢が有る・無しの2種類を使い分けた金彩。手の込んだ贅沢な装飾。
ジュエリーのように華やかなカップ&ソーサーです。

mi024-4.jpg
mi024-8.jpg
今現在でも製造技術が難しいようで、窯印にスクラッチの入った二級品が多いのも特徴です。

  『ちるんはうす』ヤフーショッピング店

テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

マイセン 柿右衛門写し 虎とコウノトリ プレート 飾り皿

“マイセン 柿右衛門写し 虎とコウノトリ プレート”

「偉大なるマンネリ」などとも呼ばれる、マイセン柿右衛門写し。
設立間もない1725年頃から現在に至るまで、300年近く描かれ続けている同窯を代表するシリーズ作品です。
mi012-1.jpg
柿右衛門の模倣は、当初は売り物としてではなく、マイセンを設立したアウグスト強王が、自国(ザクセン)にも柿右衛門に匹敵する技量があることを内外にアピールするために造られたようです。

mi012-7.jpg
竹に絡む虎に対峙するコウノトリ。虎の姿がいびつなのは、ペインターが虎を描いたのではなく、絵を模写したからです。
一級品。

  『ちるんはうす』ヤフーショッピング店

テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

マイセン アンティーク 花束絵(ブーケ) プレート

“マイセン アンティーク 花束絵プレート”

mi006-1.jpg
マイセンでは、マイセンフラワーなどとも呼ばれる、彩り豊かな花束の上絵付けが王道です。
それに対し本品では、まず染付をおこない、その面に上絵付けをし、さらに金彩による線書きが施されています。

IMG_2488.jpg

IMG_2485.jpg
手間暇かけた意匠。奥行き感があって、重厚な印象です♪
1860~1924年頃製。一級品。希少品。

  『ちるんはうす』ヤフーショッピング店

テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

プロフィール

ちるんはうす

Author:ちるんはうす
『ちるんはうす』
  店主 八木淳一郎

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR